読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その手の平は尻もつかめるさ

ギジュツ的な事をメーンで書く予定です

Mountain Lion にTeX を入れて、和文TeX ファイルをPDF 出力させるところまで環境を整えた

TeX Mac

急遽Mac OS X Mountain Lion にTeX をインストールして和文論文を書く (正確に言うなら訂正する) 必要が出たので、
その時にやった一連のインストールの流れを備忘録的に書きます。
TeXworks で和文論文を書いてpdf 出力させるところまでやりました。

僕の中で「手っ取り早く」というキーワードがありましたので、今回はMacTeX-2012 を使いました。
コダワリ派の方は「オイオイ」と思われるかもしれませんが、そこはご愛嬌ということで。
(コダワリ派の方ってhomebrew とかで色々するんでしょう? キャー怖い!)

インストール手順

いまさら僕が正確性に欠ける方法を列挙したところで誰一人ハッピーにならないので、
僕が参考にしたページを貼ります。この手順に従えば大丈夫です。
Mac - TeX Wiki

和文TeX ファイルをPDF 出力させる

上のインストール作業が上手くいったならば、TeX 一式とTeXworks (TeX のIDE 的なアプリケーション) が入っているはずです。
TeXworks は便利な環境ですが*1、デフォルトの設定のままだと和文のTeX ファイルをPDF に吐き出す事ができません。
なので、PDF 出力させられるようにします。やってることは至って単純です。
  1. pLaTeX にTeX ファイルを食べさせる
  2. dvipdfmx にpLaTeX が吐き出したdvi ファイルを食べさせる
以上の手順で和文TeX をPDF にすることが可能です。

具体的な設定手順は以下のとおりです。
  1. 上のスクリプトを任意の位置に任意の名前で保存する (便宜上ファイルA とする)。
  2. `chmod 755 ファイルA` とかを実行して、パーミションを与えておく。
  3. TeXworks の環境設定 (Preference) を開き、タイプセット (Typesetting) タブを選択する。
  4. "タイプセットの方法" (Processing tools) という項目の部分に+マークがあるので、それをクリック。
  5. 名前 (Name) は適当にセットする。pdfpLaTeX とかが妥当だと思います。Rock'n'Roll とかでもいいと思います。
  6. プログラム (Program) の部分には、先ほど保存したファイルAのフルパスを指定する。
  7. 引数 (Arguments) には"$basename" を指定する。
  8. ”実行後、PDF を表示する” (View PDF after running) のチェックマークはお好みで。(僕はチェックしてます。)
  9. OK をクリック。
  10. お好みでデフォルトのコンパイルルールを変更すれば完璧。

以上です。
後は論文を書くだけですね!!!! 死ねる!!!!

*1:エディタは大変に貧弱ですが……