読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その手の平は尻もつかめるさ

ギジュツ的な事をメーンで書く予定です

perl6 の環境を手っ取り早く構築してサクッと Hello world する

perl6

本記事はサクッと perl6 (rakudo) が動く環境を作って,ズバッと Hello world してみるというやつです.
早速行ってみましょう.

1. rakudobrew をインストールする

rakudobrew をインストールします

rakudobrew というのは perl5 で言うところの perlbrew/plenv,ruby で言うところの rvm/rbenv のようなものです.
なぜこうした物を使うかというと,perl6 は開発が非常に活発な言語であるためにデイリーで変更が入っていて,直っていたり壊れていたりするためです.
2015年10月現在,perl6 をやるときは rakudo と MoarVM は HEAD を使うというのが紳士の嗜みとなっています *1

というわけで入れましょう.

git clone https://github.com/tadzik/rakudobrew ~/.rakudobrew
echo 'export PATH=~/.rakudobrew/bin:~/.rakudobrew/moar-nom/install/share/perl6/site/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(rakudobrew init -)"' >> ~/.bash_profile
exec $SHELL -l
2. MoarVMをビルドする

MoarVM というのは perl6 の VM です.これをビルドするとその VM 上で rakudo を走らせられるようになります.

rakudobrew build moar

そこそこ時間がかかります.待ちましょう.

3. panda をインストールする

panda というのは perl5 で言うところの cpan/cpanm,ruby で言うところの gem のようなものです.
別にこれを入れなくても Hello world 程度なら可能ですが,現実的にライブラリが使えないと話にならないので入れます.

rakudobrew build-panda
4. プログラムを書く

ここまで来るともう perl6 が実行可能となっていますから,あとは Hello world するだけです.
プログラムを書きましょう.

use v6;

say 'Hello world!';

use v6; というのにテンションの上昇を禁じえませんね!
それでは満を持して実行.

perl6 hello.p6

動きましたか? 動きましたね.やりました! 実績解除です.


これであなたも立派な perl6 野郎です.
あとは Perl 6 Documentation を覗いたり,Perl 6 Design Documents を愛でたりして頑張りましょう!
perl6-users-jp/perl6-examples · GitHub を眺めると,perl6 の全体を俯瞰できて良いかもしれませんね.


以上です.

*1:バージョンの切り替えとかも出来るっぽいけど使ったことがない.常に HEAD で生きているから……