読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その手の平は尻もつかめるさ

ギジュツ的な事をメーンで書く予定です

WZR-HP-AG300HにOpenWrtを焼く

BUFFALOの無線LANルータであるところのWZR-HP-AG300HにOpenWrtを焼いて利用する際のメモです.なおマシンのOSはmacOSです.Windows等だとちょっと違うかもしれないが概ね問題ないはず.

buffalo.jp

AG300HとマシンをLANケーブルで繋ぐ

  • 適切なケーブルで繋ぐ
  • マシンのNICIPアドレス192.168.11.2/24 に固定する
  • 192.168.11.1 にアクセスするとBUFFALOの設定Web UIにアクセスできる

参照: インターネット接続のためブラウザーを開き、ユーザー名に「root」と入力すると認証エラーになります(WHR-G300N、WZR-HP-G300NH、WZR-AGL300NH、WZR2-G300N) - アンサー詳細 | BUFFALO バッファロー

AG300HのBUFFALO純正ファームを更新する

必要なさそうだが,念のためにやっておく.
Web UIのオンラインバージョンアップ機能を利用して1.75 (2017/05/07時点の最新バージョン) にファームのバージョンを上げる.別途ファームのバイナリをあらかじめダウンロードしておき,そのファイルを利用するのでも問題ない.

OpenWrtを焼く

https://downloads.openwrt.org/chaos_calmer/15.05.1/ar71xx/generic/openwrt-15.05.1-ar71xx-generic-wzr-hp-ag300h-squashfs-factory.bin

2017/05/07時点での最新バージョンであるところの,Chaos Calmer (15.05.1) を利用する.

純正ファームのAG300Hの為のOpenWrtバイナリがあるのでそれをダウンロードしてきて,Web UIのファーム更新ページ経由でそのバイナリを指定してOpenWrtを焼く.なお factory.bin というファイル名は「純正ファームからOpenWrtを焼く時に使用する」という意味らしい.

なおこの時点ではWi-Fiは無効になっているので,Wi-Fiを有効にする場合は引き続き有線で設定する必要がある.

OpenWrtのWeb UIであるところのluciに繋ぐ

BUFFALOのファームのときは 192.168.11.1 でWeb UIに繋いでいたが,OpenWrtでは192.168.1.1 がWeb UIのIP Addrとなるのでそちらに繋ぐ.適宜マシンのNICIPアドレスを固定する必要がある (場合がある).
Web UIは初期状態だとユーザ名root,パスワード空でログインができる.
ログインしたら適当にOpenWrtのパスワードなり,SSHの設定なり,Wi-Fiの有効化なりをやる必要がある.

メモ

FLETSのONUの出力をAG300HのWANに繋いでいると,192.168.1.1/24 を食い合うっぽいので,適宜LANの静的IPアドレスの設定で 192.168.11.1/24 なりに変更しておく必要がありそう.
というか面倒なのでAG300Hの設定を行っている時は,色々めんどいのでWANに繋がない方が楽な感じがした.

雑感

インターネットを眺めているとWZR-HP-AG300Hは純正ファームだと不安定だけど,OpenWrtにすると安定運用できる様子が伺える.
AG300HでOpenWrtを利用する際の情報もやけに充実していて便利 (Buffalo WZR-HP-AG300H [OpenWrt Wiki]).OpenWrtの為に登場した無線LANルータであるようにすら思える.
今回AG300Hをメルカリで買ったんだけど,中古だとだいたい2000円くらいで買えてお手軽.安い時だと1000円代で購入できることもあるのでどんどん買っていきたい.